いよいよ冬らしい季節の到来でしょうか、FRAMEでは暖かなアウターを求めてご来店するお客様の姿が増えだしており、店頭ではピレネックスのダウンウエアの試着で賑わいを見せています。さて、今回は、ピレネックスのニューモデルであり、生産背景が少し特殊なレアモデルでもある「BARRY(バリー)」をご紹介いたします。ピレネックスのダウンジャケットの生産は、通常、羽毛の加工をフランスのピレネー山脈の麓サン・セヴェにある自社工場で行い、ジャケットの縫製はチュニジアやブルガリアなどの縫製技術に信頼のおける工場で行われています。今回ご紹介するバリーは、前述の工場ではなく、フランスのピレネックスの工場でジャケットの縫製を行ったフランスメイドのダウンジャケットになります。軽量化を図ったシンプルなつくりにフカフカと弾力のある850フィルパワーのフレンチダックダウンをふんだんに充填しており、驚くほどの軽い着心地と抜群の保温性が特徴です。是非、ご覧ください。


身長:168cm 着用サイズ:S

BARRYバリー

バリーは、サン・セヴェの自社工場で生産されるSAINT-SEVER1859シリーズから登場したニューモデルです。850フィルパワーの上質なフレンチダックダウンをふんだんに充填しており、ショートレングスで非常に軽量ながらも充分な防寒性を誇ります。表地には、キルトステッチを使用しない特殊製法が施された軽量なソフトシェルが採用されており、ピレネックスが誇る上質なダウンのロフト感の高さが堪能できます。

SAINT-SEVER1859は、サン・セヴェにあるピレネックス本社内の縫製工場で生産されたフランスメイドのダウンジャケットシリーズです。羽毛の加工からジャケットの縫製まで、全ての工程がフランスの自社工場内で行われており、そのラインナップと生産数はごく限られている為、希少性は高くなりますが、ピレネックスのクラフトマンシップがより濃密に注がれています。

ITEM LIST