1875年創業以来、英国の自社工場にてレザーグッズを作り続けるホワイトハウスコックスが手掛けるラゲージシリーズに、新しくレザーバージョンが登場しました。財布やベルトなどと同様に、自分たちの納得がいく素材のみを厳選し、英国のウォルソールの工場にてひとつひとつが丹念に作られています。コストダウンを図るために人件費が低い国へ生産工場を移すことが当たり前になっている現在であっても、あくまでも英国製であることにこだわり、誇りを持って物作りが続けられています。そこから生まれるものは、例え流行の最先端ではなくとも、タイムレスに使い続けることができるもので、私たちFRAMEが最も望んでいるものでもあります。今回のレザーラゲッジも普遍的なデザインをベースにしており、5年10年と使い続けたくなる逸品です。是非、ご覧下さい。

今回採用されたレザーは、エイジングによる「育ち」具合に定評が高いサファリレザー。当店では非常に馴染み深いレザーでもありますが、定番ショルダーバッグの素材に使われるのは実は今回が初めて。レザーならではの重厚な雰囲気、エイジングによる色艶が増してくる様は、ツイルキャンバスとはまた違った魅力があります。そして、パイピングや随所のレザーパーツは全て堅牢度の高いブライドルレザーを使って補強するなど大変贅沢な仕様となります。
------SAFARI LEATHER------
アイルランドで飼育された食用牛の皮をイタリアでなめし加工したフルベジタブルタンニング・レザーです。天然染料を使って着色し、仕上げにドラム加工をすることで革のシボをより強調させており、しっとりとした肌触りと柔らかさを引き出しています。ナチュラルな革の風合いがあり、使うほどに経年変化で重厚な色の深みと艶が増していきます。革本来の持つ皺やシボは同じものが無く、個性を引き立てています。



サファリレザーは使い込むほどにコクのある色味に変化し、次第に重厚な雰囲気を増していきます。付属のレザーバームを使用してケアすることで、革表面の保護をすると共に自然な艶感が現れてきます。



ITEM LIST