ホワイトハウスコックスより新しいキャンバスバッグがリリースされました。古い英国製のミリタリーバッグ「ミュゼットバッグ」をモチーフにWHCがアレンジを加えて甦らせた、現代版ミュゼットバッグです。今回、初めて採用された厚手のワックスコットンキャンバスと堅牢なブライドルレザーを使用した重厚な素材感は、実質的な丈夫さはもちろん、長年使い続けることで味のある素晴らしいエイジングも期待できます。単なる古い物のレプリカではなく、WHCらしさが加わったことで、さらに魅力的に仕上がりました。是非、ご覧ください。

L3071 MUSETTE BAG

VINTAGE MUSETTE BAG

実在するヴィンテージのミリタリーバッグをベースにホワイトハウスコックスがアレンジを加えて現代に甦らせたメイド イン イングランドのショルダーバッグがL3071です。デザインのモチーフとなったのは英国製のミリタリーショルダーバッグで、通称「musette bagミュゼットバッグ」と呼ばれているものです。ブロードアローと共に1918の数字がスタンピングされていることからおよそ100年前に作られたものと推定されるこのバッグは、WW1頃には将校用として、その後多くの兵士に支給され使用されていました。オリジナルのミリタリーバッグのディテールやサイズ感を出来るだけ再現しながらも、必要性を考慮して足し算や引き算を行っており、WHCらしさが加味された仕上がりです。ワックスコットンキャンバスとブライドルレザーといった肉厚な素材を使用した重厚なつくりで、使う程に次第にしなやかに馴染み、味わい深い風合いを増していくはずです。5年後10年後のエイジングが楽しみなバッグです。

Details

メイン素材はこの企画で初めて採用されたスコットランド製ワックスコットンキャンバス。WHCで使用されている従来のコットンツイル素材よりもさらに20%ほど厚みが増しており、がっしりとした硬さを持ちます。撥水加工されたワックスコットンキャンバスは使うほどに次第にしなやかさが生まれ、味わいのある表情へと変化します。

バッグ底下部や各補強箇所にはWHC定番革の「ブライドルレザー」を使用。ブライドルレザーは馬具由来の堅牢な革で、フルベシタブルタンニングされた上質な革に内部までしっかりとタロー(獣油)を染み込ませています。長年の使用にも耐えられるように十分な革の厚みを持たせた贅沢なつくりです。ニュートンカラー(薄茶)の経年変化も楽しみたいところです。

かぶせを留めるバックル、本体とショルダーストラップを繋ぐパーツなどには真鍮製パーツを使用。本物の素材がもたらす重厚な雰囲気、経年変化によって表れるヴィンテージらしさのあるくすみ具合など、この素材ならではの趣があります。

バッグの背面はポケットになっています。

バッグ内部には仕切りの役目を兼ねたコットンツイルのポケットを備えています。オリジナルを忠実に再現しており、中央で2室に分かれ、小物を仕分けた収納ができます。

バッグ内部に付属するループ。オリジナルのミュゼットバッグにも付属しているディテールで諸説あるようですが用途は不明です。一見、不要と思われがちな箇所ですが、あえてこの謎のディテールも再現しました。あくまでも機能的で実用性を重視するミリタリーバッグにおいて、何らかの使用目的を持って備えられていたはずです。当時の用途を想像しながら、現代での使い方を考えてみるのも面白いかもしれません。

5cm幅のショルダーストラップは長さの調節が可能です。バッグの側面ではなく背面からストラップが伸びる仕様はミュゼットバッグの特徴でもあります。負荷が掛かる箇所はブライドルレザーで補強を加えました。

バック内部にはWHCのブランドロゴマークがスタンピングされています。



ITEM LIST