PEEBLES

category: JOURNAL
update: June 09, 2017

最近、巷では足元はスニーカー一辺倒ではなく、革靴が再び注目されているようですね。実際に当店でも、カジュアルスタイルに合わせる革靴を求めてお客様のご来店が増えてきており、ジワジワとでもクロケット&ジョーンズの認知度が上がると嬉しいですね。さて、そこで今回は自分のヘビロテ靴を一足ご紹介します。
写真 2017-06-08 18 59 00写真 2017-06-08 18 57 16
CROCKETT & JONES <PEEBLES>
今年の春に登場した新しいモデルで、現物を目にすることも困難といわれる幻の革、ロシアンカーフを英国の老舗タンナーが忠実に復刻した「ロシアングレイン」を使用したことで話題にもなりました。その薀蓄云々は大変興味深い内容なので、この部分だけが注目されがちですが、「ロシアングレイン」の持つ革の表情そのものにも一見の価値があります。是非、店頭でご覧頂ければと思います。所々で濃淡の差が現れた赤味を帯びたブラウンカラー、そしてロシアンカーフの特徴でもある、不均一に刻み込まれたクロスハッチ模様(ダイヤ柄の型押し)が良い塩梅で靴に味わい深い表情を滲ませています。数年後の経年変化がとても楽しみな靴です。ロシアンカーフのもうひとつの特徴であるバーチオイル(白樺)特有の香りは、新品のときに比べるとかなり落ち着いてきました。この匂いに馴れ過ぎたせいか、香りが薄れてくるとそれはそれでなんとなく寂しいものがありますね。写真 2017-06-08 18 55 34
フォルムは爪先にぽってりとボリュームを持たせたラウンドトゥで、ハトメやサイドに走ったV字のステッチングなど、カントリーシューズのディティールがアクセントになっています。
写真 2017-06-08 18 53 12写真 2017-06-08 18 53 57

カジュアルなスタイルと合わせやすく、一見、ヴィンテージのような雰囲気も漂わせているので、古着との相性も良いようです。僕はボロボロのGパンと合わせたりして楽しんでいます。

余談ですが、

ヴィンテージといえば、最近また息子(2歳)用のGジャンを手に入れてしまいました。キッズ用のヴィンテージは良いモノに出会う機会がなかなか無いので、もし見つけたら多少サイズが大きくても買うようにしていますが、これはおそらく4歳~ぐらいのサイズではないでしょうか?着るのはまだ先のことになりそうです。現代の子供服はファッション性に富んでいてパターンも秀逸!お洒落にまとまっているし、動きやすく作られているので、このようなブサイクなGジャンは着たくないって言われるだろうなー
親のエゴです。
写真 2017-06-08 18 56 16